紫外線対策に命を懸けている私のやり方

首に塗った日焼け止めクリームで失敗

私は 31歳の会社員、女性です。紫外線対策には命を懸けています。

やっぱり白い方が可愛い! か弱い雰囲気でモテる!顔映りがいい! 似合う服が増える!

そして何よりアンチエイジング。老化の原因は80%以上が 紫外線だと言われているから、 逆に言えば 食べ物に気を使わなくても 化粧をしたまま寝ても、紫外線を浴びるより悪いことはないのです(ただの持論ですが…(笑))
シミとシワが増えたらいいと思っている女性はいないはずですしね。

徹底的な対策は、日々の積み重ねからはじまります。
基本的に、夏でも冬でも紫外線を一瞬でもあびるのなら日焼け止めを塗ります。

焼けたくないからカーテンは開けない!

そして、日焼け止めクリームを塗ってなければカーテンも開けません!
夏のスポーツの時だけ気を付けたとしても、日々の怠りがあれば無意味となるからです。

私は4月の1か月間 サンダルで徒歩8分の通学をしたところ、足にくっきり日焼けあとがついたことがあります。
日焼け止めクリームはもちろん、できる限り日傘をさし、無理であれば帽子を必ずかぶります。そして、日陰を選んで過ごします。

目から入った紫外線で日焼けをするという話を聞いたことがあるので コンタクトは必ず UVカットのあるものを選んでいます。
コンタクトをしていない人であれば UVカット目薬も売っているそうです。

日焼け止めクリームでやってしまった!

首に塗った日焼け止めクリームで失敗

日焼け止めクリームの失敗談で、なぜか首だけを塗り忘れて、顔が白く浮いたことがあります。
それ以来、 最も日焼けしたくない場所は 首です。
どんなに顔だけ気をつけても 薄化粧をしていても 首が暗ければ全て台無し。 顔よりも気をつけたほうがいいかもしれません。

最近知った「飲む日焼け止めサプリ」はとても気になる存在で、
日焼け止めクリームを塗っていても日焼けしてしまうような 強い日差しの日にはぜひ使ってみたいと思っています。

飲む日焼け止めなら首だけ塗り忘れる、みたいな失敗も無いですからね。

UVカットの表示がついている服を着ていても日焼けをしたことがあるので、服の中の日焼けまでまんべんなく防いでくれる機能があるのではないかと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です